今日の職場は…「Airbnbで泊まった北欧風でシンプルな部屋の一室にて」


今回、Airbnb(民泊)で泊まった部屋は北欧らしいインテリアの

お陰で、とても良い滞在となった。

 

真っ白なドアと壁、シンプル&ナチュラルな家具や暗めのライトが

何とも心地いい気分にさせてくれる。

 

 

さらに机の正面にある窓から外を眺めれば、向かいの公園と

ストックホルムのヨーロッパらいし街並みが広がる。

 

ホテルや今回泊まったステイ先の様に、滞在先を決める時に

僕が最も重要だと思う事は、

 

「窓からの眺めが良いこと」

 

これに尽きる。

 

 

日本にいる時もそうだが、外で過ごすより部屋で過ごす事の方が

好きな僕にとって、これはかなり重要視したい点だ。

 

とは言っても、ホテルでは自分で部屋を選ぶことは出来ない。

 

そのため、今回の様な一室しか無い民泊、Airbnbでの宿泊の方が

僕の様な人には向いているのかも知れない。

 

 

 

物が少なく、シンプルな部屋は良い

気分転換にベッドの上で仕事をしたりもしたが、やはり物が少なく

シンプルな部屋と言うのは、やけに落ち着く。

 

その為、ベッドの上だとすぐに眠くなってしまい

仕事をするにはあまり良くは無いと思うのだが、ダラダラと

部屋で過ごしたい時は、なかなかこれが辞められない。笑

 

 

今回のステイ先は、建物自体は新しくは無いが、内外装とも

綺麗に手入れされていて、ともて居心地が良かった。

 

また、レンガ調の建物は、昼も夜も雰囲気がある。

 

 

 

 

スーパーマーケットや駅が近く有難かった

歩いて3分ほどの場所には、スーパーマーケットの『COOP(生協)』があり

他にも『MATMARKNAD』というオーガニック系の高級食材  を沢山扱う

スーパーも近くにあった。

 

 

『MARIATORGET』という地下鉄の駅は

歩いて3分程度と近く、とても有難かった。

 


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ