今日の職場は…「スウェーデンの田舎町で、美しい湖を眺めながら」


 

北欧のスウェーデン・ストックホルム

人口は70万人程で、街から少し離れれば

牧草地や畑などの、北欧らしいのどかな景色が広がる。

 

日本で言うと、北海道の広大な景色に近いもしれない。

 

そんなストックホルムの市街地から

電車とバスを乗り継いで、約1時間半。

 

広大な牧草地の風景を眺めながら、バスが到着したのは

シグトゥーナ(Sigtuna)という小さな田舎町。

 

大した観光名所は無いが、メーラレン湖がとても綺麗で

町の中心には、今はもう使われなくなった、朽ちた教会がある。

 

レンガ造りが崩れ落ちた跡があり、何とも味がある。

そんな教会を見た後、湖の周りを散歩した。

 

途中で、があり歩いていて気持ちよかった。

 

今日は天気も良く、暖かかったので

湖畔に腰掛けて少しだけ仕事をこなした。

 

やはり、雄大な景色を前にしてする仕事は、たまらなく良い。

 

例え気が進まない仕事に、向かわなくてはいけなくなったとしても

開放感が勝りストレスを感じさせる暇が無い。

 

僕は自然全般好きだが、どっちかというと海よりも

山、湖、川の方が好きだなと感じる。

 

この日は、1時間だけパソコンワークをこなした後

再び湖畔を散歩して夕暮れ前に帰宅した。

 

今日は美しい景色のお陰で、いつも以上にリラックスできた一日だった。

 

 

バスからの車窓。北海道のような、広大な牧草地の風景。

 

朽ちた教会。今はもう使われていないが、何とも味がある。

 

シグトゥーナの中心。可愛らしい町並み。

 

デッキウォークがあった。

 

こういう景色には、ともて癒やされた。


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


カテゴリー
最新

ページの先頭へ