今日の職場は…「マンハッタンの摩天楼が見える一室にて」


 

僕が毎年訪れる街に、アメリカのニューヨークがある。

 

誰もが知る世界最大の都市であり、最先端のファッション・アート・モノ

情報など求めて、世界中から様々な国の人々が集まってくる。

 

映画などでもよく取り上げられているため、有名なスポットが多い。

 

その為、ホテルの部屋での仕事で煮詰まってきたら、

 

セントラルパークを散歩したり

ブルックリン橋からマンハッタンの摩天楼を眺めたり

グランドセントラル駅のカフェで気分転換したり

ニューヨーク公共図書館に場所を移動したり

 

など、

 

とにかく気分転換する方法がいくらでも出て来る。

 

もちろん、普通に近所を散歩するだけでも十分なのだが

やはり映画などで見た事がある有名な場所へ行くことで

気持ちが入れ替わり、やる気が出てくる。

 

また、僕が愛するメキシコ料理やインド料理

毎日欠かさず飲む絞った野菜ジュースが飲める

ジュースバーが沢山あり、健康的な生活を送ることが

できるという事も、この街が好きな理由の一つだ。

 

 

正直、東京の便利さに慣れてしまっていると

他の街では物足りなく感じてしまうことがある。

 

便利な生活に慣れすぎるのは、決して良くは無い

と思うが、流されず自分で上手に使うことが出来れば

仕事にもプラスに働くと感じる。

 

そんな東京と同じくらい便利で、それ以上に刺激的な街

ニューヨークは、僕にとって来るだけで『エネルギッシュ』に

なれる街だ。

 

 

昼間の部屋からの景色

 

マンハッタンでは4帖ほどの広さで、一泊16000円程度。

   

 

狭いが、メタリックでシンプルなシンクが格好良い

 


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


カテゴリー
最新

ページの先頭へ