時差ボケに便乗して…「深夜3時の新宿を歩く」


 

アメリカ、ヨーロッパなど時差が大きい国を

旅して日本へ帰国すると、必ずといっていいほど

時差ボケになる。

 

例えば、ニューヨークの場合は14時間差なので

単純に考えると、だいたい真逆の生活になり

日本人が寝ようとしている頃に、アメリカでは

ランチタイムが始まるイメージだ。

 

そんな真逆の生活を2~3週間続けて、日本へ

帰ってくると、時差ボケのせいで夜に寝ようと思っても

まるで昼寝の様に1時間くらいで目が冷めてしまう。

 

そして、朝まで全く寝られない日々が続く。

 

特に僕の場合は、サラリーマンや学生ではないし

日中の付き合いがあるビジネスを行っている訳では

ないので、なおさら時差ボケが治りにくい。

 

そんな、時差ボケ真っ最中のある日、夜中の2時頃に

お腹がすいたので何かを食べに行こうと思った。

 

食べ物の中でも『そば』が好きな僕は、

新宿の『天玉そば』が有名な『かめや』という

蕎麦屋へ行くことにした。

 

蕎麦屋へ行く前、真夜中の新宿の街を歩いたのだが

人でごった返す昼間とは違い『人が居ない新宿』は

とても新鮮な感覚だった。

 

・西口 京王線の近く

 

・東口 ビックロや伊勢丹の通り

 

・東南口 ルミネ新宿2、タワーレコードの近く

 

・南口 ミロード、ルミネ新宿1の近く

 

そんな新宿駅の回りを30分くらい散歩をして

蕎麦屋に着いたら深夜の3時だと言うのに

たくさんの人がいてびっくりした。

 

さすが『眠らない街、新宿。』笑

 

 

 

この時はヨーロッパから帰国したばかりだったので

わずか、420円でこんな美味しいものを食べられる

という事にすごく有り難みを感じた。

 

また、知らない日本人同士でズルズルと

温かい蕎麦をすする姿にも、日本らしさを感じ

なんだか嬉しかった。

 

正直、日本にずっといたら当たり前すぎて、こういう

些細なことに喜んだり、感動したりすることは難しい。

 

もし、誰かに海外を旅する理由を聞かれたら

このエピソードを話したいなと思いながら

満足気な顔で蕎麦屋を後にした。



Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ