時差ボケに便乗して…「深夜3時の誰もいない東京駅へ」


東京の、この日の最低気温はわずか2度。

 

今は夜中の3時なので、恐らく気温は最低に近いと思われる。

 

そんな中、僕はカメラを片手に誰も居ない

東京駅の駅舎の前に立っている。

 

 

この日は、日本へ戻ったばかりで絶賛時差ボケ中。笑

 

それを良いことに、誰もいない夜中の街中を散策することが

アメリカやヨーロッパなどから帰国した時の、僕の日課になっている。

 

 

 

誰もいない、東京駅丸の内駅前広場

夜中の3時に新宿や横浜を散歩したこともあるのだが

新宿は普通に人を沢山見かけたし、横浜は釣り人をちらほらいた。

 

東京駅では、商業ビルに入る業者の人たちは何人か見かけたが

この広場に人はおらず貸切状態だ。

 

日本・東京の中心、東京駅に誰もいない。

 

ちなみに昼間は、たまにここへ来ることがあるのだが、その時の

サラリーマンや観光客がたくさんいる景色と、この深夜の

誰もいない眺めのギャップから生まれる非現実感が、何ともたまらない。

 

 

 

 

 

 

東京駅、丸の内は世界で一番「きれい」だと思う

ニューヨーク、ロンドン、香港など世界の大都市比べ

ここ『東京駅丸の内駅前広場』は世界で一番、清潔感があると感じる。

 

タイルとタイルの隙間まで掃除しているのでは無いかと思わせる程にだ。

 

東京駅から近い皇居や、銀座の方へ繋がる仲通り含め、ゴミひとつ落ちておらず

しっかりと手入れされている。

 

いつも日本へ帰国しここへ来る度に、この場所は日本人という人種を

象徴しているなと感じる。

 

節度があり、

勤勉で、

誠実で、

そして清潔。

 

もちろん、清潔すぎたり勤勉すぎることで、ルールに縛られて

逆に生きづらいというデメリットもあると思う。

 

特にサラリーマン時代はそう、ひしひしと感じていたのだが

そんな輪から一歩外に足を踏み出したことで、視点が変わり

メリットを強く感じることが出来るようになった。

 

昔も今も変わらず大好きな日本の中心、東京駅。

 

この駅に来る度に、日本人であることの有り難みを感じさせてくれる。

 

 



Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ