自由を得て「子供」と触れ合う時間が持てる喜びを実感


 

サラリーマンを辞めて『自由』になったことで

得られるモノがいくつかある。

 

このブログのテーマの一つでもある

『好きな時に海外旅行へ行けること』も

そうなのだが、それ以上に家族や友人との

時間を沢山取れる事の方が大きいかもしれない。

 

特に、成長過程の子供と接する時にそう感じることが多い。

 

厳密に言うと、『僕の』ではなく姉の子供で、姪っ子に

当たるのだが、共働きの姉夫婦の代わりに保育園まで

迎えに行って公園で遊んだり、一緒にアイスを食べたり

することが、実家に帰った時の日課になっている。

 

どうやら姪っ子にとっては、毎月の楽しみに

なっているようで、何とも嬉しい限りだ。笑

 

 

 

 

 

 

一緒に大自然へ

その他にも、保育園が休みの日には山へ連れて行って

ハイキングをしたり、桜並木を見に行ったり

一緒に大自然に触れたこともあった。

 

 

 

 

 

 

 

一緒に東京駅を散策

逆に、姪っ子が僕が住む東京へ遊びに来た時には、一緒に

東京駅まで出かけ、新丸ビルの東京駅・赤レンガ駅舎が一望出来る

テラスで食事をすることもあった。

 

この時食べたパンケーキに、目が釘付けだった事は今でも忘れられない。笑

 

その後は、皇居の綺麗に整えられた芝生で一緒にかけっこして遊んだ。

 

田舎から出てきた少女にとって、普段とは違う別世界は、とても良い思い出に

なった事だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

入院した姪っ子と、何日も一緒に過ごす

色々思い出してみたが、『自由の恩恵』を一番感じた事は、姪っ子が

病気で入院した時だろうか。

 

姪っ子が『マイコプラズマ肺炎』という病気にかかり、約2週も入院する

必要があったのだが、まだ子供なので常に付き添い人が必要だった。

 

共働きの姉夫婦は、さすがにそこまで休むことが出来ないので

結局、僕と祖母の2人が交代で面倒を見たのだが

この時、特に仕事をする場所が自由な事のメリットを実感した。

 

 

 

 

 

 

人生の喜びを教えてくれた

もし数年前までと同様に、東京でのサラリーマン生活を

続けていたなら、上で書いた事は何も無かったと思う。

 

そして今頃、姪っ子からは

 

『たまに会う東京の叔父さん』

 

としか認識されていなかっただろ。

 

そう考えると、何とも切なく、悲しい気持ちになってしまう。

 

しかしながら、サラリーマンを辞めてからは良いことばかりでは

無かったし、結構後悔もした。

 

だがその反面、姪っ子との日々をはじめ、良いことも沢山あったし

同じことを諦めずに続けていれば、上手く行く事も分かってきた。

 

何よりも本来、一番大切にしなくてはいけない物事を、最優先に

することで、人生に喜びを感じられ、生きることがどんどん

楽しくなってきた。

 

そんな『生きる喜び』を教えてくれたのは、わずか4歳の女の子だった。

 

 


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?




森 翔吾


今は「旅行ブログ」や「輸入物販」の取引先に会うため毎月海外へ。

そして1年の「1/3」を海外で仕事をするという8年間のサラリーマン時代から考えたら『夢の世界』を実践中。

最近の行動はFBで

森翔吾は「旅」をする
運命だった!?


カテゴリー
最新

ページの先頭へ