NYで出会った、真っ赤な野菜ジュースを日々の生活に取り入れる


NYは金融、ファッション、アートなどのあらゆる分野で

最先端を行っている。

 

その中で『健康』に関しても、敏感に意識している人が

かなり多いと感じる。

 

・そこら中にあるジム

・朝によく見かける自転車通勤をする人たち

・セントラルパークをランニングする人の多さ

・沢山あるオーガニックスーパーやレストラン

 

その他に僕が目についたのは、野菜を低速ジューサーで

絞った、

 

『コールドプレスジュース』

 

が飲める店の多さだ。

 

そんな店を回っていると、真っ赤なビーツという野菜を使った

ジュースに出会った。

 

中身はビーツ、人参、りんご、レモン、生姜が入っている。

 

 

 

 

 

NYではコールドプレスジュースのブームが続く

最近では、ボトルに詰められたコールドプレスジュースも

結構見かけて、値段は一本10ドルすることもある。

 

コールドプレスジュースのメリットは、野菜や果物に含まれる

ビタミンやミネラルなどの栄養素や酵素を壊すこと無く、体に

取り込めることだ。

 

ちなみに酵素を取ることで消化や代謝を助けたり、免疫料や

自然治癒力を上げる働きがあるらしい。

 

僕自身も、これを毎日飲み続けて、様々な健康面の改善が見られた。

 

とは言っても、このジュースは作るのが面倒だし、機会も買わなくては

いけない。

 

さらに『痩せない』や『不健康』の一番の原因は、栄養過多気味の現代人の

普通の食生活にあると思う。

 

パスタやピザなどの小麦製品、角砂糖が12個も入ったスタバの

フラペチーノはじめ砂糖たっぷりの飲み物やお菓子やなど。

 

白い小麦

白い砂糖

サラダ油

 

主に、これらを使う食べ物の摂取を少なくするだけで、結構変わってくると思う。

 

実際に知人に、これを伝え実際に試してもらったら、

 

・ストレスからと思われていた、慢性的な胸焼けが治ったり

・今まで失敗続きだったが、あっさりとダイエットに成功したり

・ずっと抱えていた腰痛が緩和したり

 

様々な良い効果があった。

 

僕の持論を述べると、まずこれらの事をやってみて、さらに健康を目指すなら

コールドプレスジュースを飲んでみたら良いと思う。

 

 

 

僕が毎日飲んでいる、にんじんジュース

ニューヨークで出会った、真っ赤なビーツを使った搾りたてのジュースを

僕は毎朝飲んでいる。

 

昼食はとったり、とらなかったりで夜は好きなものを食べる。

 

かれこれこんな生活が1年近く続けているが、かなり調子が良い。

 

特に、このスタイルは旅行時にはおすすめだ。

 

最近はアジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界中のコンビニで

ボトルのコールドプレスジュースが手に入る様になった。

 

そのお陰で、旅行中の健康管理がしやすくなり、どこの国へ行っても

日本にいる時と同じ食生活を送れるので、とても有り難い。

 

まだまだ世界全体を見渡したら、健康的な生活を送っている人はほんの

一握りだと思う。

 

だけど、もっともっと世界中で健康的な考えが浸透していったら嬉しく思う。

 


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ