自由を得て「母親」と週3でドライブへ


僕が海外へ移住しない一番の理由。

 

それは、

 

「親孝行」

 

の為だ。

 

少し照れくさいが、正直に言うとこれが一番の理由になる。

 

親孝行と言っても、旅好きの母親をドライブへ連れて行く

ということがメインなのだが、多い時は週に3日も一緒に

何処かへ行っている。

 

 

 

 

毎月、帰省する度に2人でドライブへ。

旅行好きの母。

 

だが仕事が忙しい親父とは中々、遠くへ行くことは難しい。

 

その為、サラリーマンを辞め、毎月実家へ帰っている僕が

代わりにドライブへ連れ出したのが始まだった。

 

さすがに、何十回と何処かへ行くと、必然的に同じ場所へ

行く機会が増える。

 

だがその中で、毎回行っても飽きる事無く、心地よく過ごせる

素敵な場所がいくつか見つかる。

 

数年もそんな生活を続けていると、そんなお気に入りの場所も

増えてきた。

 

 

 

母との定番のドライブコース

せっかくなので実家がある愛知県からの定番の

ドライブ先をいくつか紹介しようと思う。

 

 

岐阜県・中津川にある、栗きんとんが有名な『すや』

栗きんとん、といえば中津川が有名で、川上屋など

色々有名店はたくさんあるが、ここが一番おいしい

と感じる。

 

栗、砂糖以外に余計な物が混ざっていないのが良い。

 

変な添加物が入っていないか買う前に

成分を見ると良いと思う。

 

 

 

 

 

同じく中津川にある苗木城跡

駐車場から歩いて15分程度登った先にやぐらがあり、展望台からは

恵那山が一望できる。

 

  

 

 

 

 

長野県・馬篭宿

海外からの観光客が多く、個人的には近くにある妻籠宿よりも好きだ。

 

何故かと言うと、妻籠宿は駐車場が500円で馬篭宿は無料。

 

坂があるということも、宿場町の雰囲気をもり立て、坂を登れば

恵那山を望むことが出来る。

 

 

 

 

 

長野県・奈良井宿

 

ほぼ、諏訪湖に近く長野県の中心に近くなるが、馬篭宿同様に

見ていて日本の素晴らしさを感じることが出来る。

 

少し車で走ると、そば畑を見ることが出来る。

 

 

 

 

 

 

長野県・豊丘村にある『福島てっぺん公園』

 

気分転換したい時などに、一人でここへよく来る。

 

3000m級の中央アルプスが一望でき、開放感がすごくある。

 

芝生とベンチ以外何も無いが、暖かく晴れている日なら

一日居ても全く飽きない。

 

 

 

 

 

長野県・阿智村にある『清内路健康の森』

道の駅のような場所で、パン屋があるのだが普段、パンは全く

食べない僕も、ここのパンだけは食べる。

 

材料が良いのと、近くにある湧き水を使っており、他のパン屋とは

比べ物にならないくらい、本当に美味しい。

 

   

 

 

 

 

長野県・霧ヶ峰にある車山

ここへはハイキングへ行く、車山肩という駐車場から

30分ほどで、1925mの山頂へ登る事ができる。

 

雪が無い季節なら、スニーカーでも登れるほど簡単な割に

景色が良く、富士山が見える日もある。

 

  

 

 

 

 

愛知県・豊田市にある『どどめきの里』

ここは僕が、高校生の時からかれこれ15年以上も通っている。

 

昔から変わらず、地元のおばあちゃん達が、炭で焼いてくれる

『五平餅』がとても美味しい。

 

また、五平餅に使う棒は、一本一本おばあちゃん達が

薪を切って作っており、手が切れない様に角も削ってある。

 

何とも、心が温まる。

 

 

 

 

時期にもよるが、ドライブで行くならこの何処かだろうか。

 

どれも本当にお勧めできる場所だ。

 

 

 

こんな生活を、何年か続けて思うこと

僕は、数年前まで東京で普通にサラリーマンをしていた。

 

もし、サラリーマンを辞めずに今も続けていたなら

この数年間やってきた事は、全く出来なかったし

数々の素敵な場所を知ることも無かっただろう。

 

いつもながら、そう言う事を考えるとすごく不思議な

感覚になる。

 

そんな当時の決断を、失敗だったと思えた時もあったのだが

段々と、そんな事も考えなくなっていった。

 

そして、実際に辞めて数年経った今、ようやく「自由」から

得た一番のモノに気が付つき、少しだけ自分の成長を感じられた。


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ