今日の職場は…「標高2531m、雲の上からの絶景を眺めながら」

 

緑の中に白が映える白樺の林を抜け、鳥のさえずりに癒やされながら

一気に坂を上り、辿り着いたのは標高2531mにある山頂。

 

ここは蓼科山という長野県の諏訪湖の近くにある山で、漢字は違うが

その名の通り立科町にある。

 

そこそこ急な斜面があり、登りは急いでも1時間40分はかかるので
ハイキングほど気軽に登ることは出来ない。

 

だが、登山としては初心者向けの山なので、この日はここで
仕事をしてみるため、パソコンをザックの中に入れて登った。

 

正直、登山をする人達からは、

 

「せっかく山へ来たんだからパソコンなどせず、もっと自然を楽しめ!」

 

と怒られてしまいそうだ。

 

そんな声が出ることを覚悟しながら試してみたのだが、
ここでの仕事は、何ともすごく新鮮な感じだった。

 

標高2500mからの絶景は、他の山間部からの景色とは
ひと味もふた味も開放感が違う。

 

少し遠くには、槍ヶ岳、乗鞍など3000m級の山々が連なる
北アルプスを眺められる。

 

さらに1000m以上も下にある地上には、小さく見える湖や牧場
スキー場がいくつも点在する。

 

非現実的な場所で仕事をすると、仕事の進み具合も段違いに早まり
良いアイディアが溢れ出す。

 

そんな良いテンポで仕事をこなし、昼食は持ってきた牛丼を食べた。

 

海外によく滞在していると、わずか300円で食べられる
牛丼がご馳走になる。

 

とはいえ、ここでは何を食べても美味しいのだが。笑

 

こういう自然の中でよく仕事をしていると、
都会の雑多に紛れて、カフェなどで仕事をすることも
悪くないなと思えてくる。

 

逆に、都会の人混みが恋しく感じる。

 

この日は、ほとんど風が吹かない暖かい一日だったので
そんなことをぼんやりと考えながらのんびりした時間を
過ごすことが出来た。

 

ここへは定期的に来ることになるだろう。

 

 

八ヶ岳連峰の赤岳なども見える

 

白樺の林を抜けて岩場を登っていく

 

 

海外へよく行く身としては、牛丼はご馳走だ

 

奥に見えるのが蓼科山、ここのてっぺんで一日を過ごした


今日の職場は…「香港島のホテルで、100万ドルの夜景を眺めながら」

 

香港のホテルにチェックインしたら、ラッキーなことに
高層階の部屋に泊まることになった。

 

しかも海側で、九龍と呼ばれる繁華街エリアの超高層ビル群や
海に浮かぶタンカー船を眺めることが出来る。

 

そんな海と高層ビル、さらにその後ろに迫る山々からは
香港らしさが伝わってくる。

 

さらに、もくもくとした白い雲も、南国ということを感じさせてくれる。

 

香港の街は活気があり、個人的には好きな街なのだが

景色が良い高層階の部屋に滞在する時は、あまり外は出歩かず

部屋にいることが多くなる。

 

部屋にいる時は主に窓のヘリに腰掛けて、パソコンで仕事をしたり

考え事をしたり、昼寝をしたり、食事をすることがある。

 

適当なお店で、焼売や肉まんなどの点心とワインでも買ってこれば
最高のディナーになる。

 

綺麗な夜景を見ながら落ち着いて食事できるので、個人的には
どんな高級レストランへ行くよりも、このスタイルの方が好きだ。

 

パソコンで仕事をする際も備え付けのデスクでは無く

窓際で作業する方が、数倍はかどると思う。

 

他の場所でもそうなのだが、どうやら僕はデスクワークが苦手の様だ。

 

パソコンを使って、仕事をしているにもかかわらずではあるが。笑

 

景色が良ければ、色々な楽しみ方や活かし方があるんだなと
感じた香港ステイだった。

 


今日の職場は…「3000m級の中央アルプスを一望できる、長野県の伊那谷にて」

 

おもむろに鞄にパソコン、メモ帳とペンを詰め込み
車に乗り込む。

 

向かう先は自然豊かな土地、長野県・伊那谷へ。

 

道中の山間部を通る農道沿いには、両側にリンゴ畑があり
真っ赤なリンゴの実が実る。

 

さらに、急な登り坂が続く細い道を進み、辿り着いたのは
木曽駒ヶ岳などの中央アルプスを一望できる公園。

 

右手には南アルプスも望める。

 

冬も間近だが、この日は太陽の日差しがとても暖かった。

 

むしろ汗をかきそうなくらいだ。

 

そのため、到着した昼過ぎから日暮れまでの数時間ほどを
のんびりと過ごすことが出来た。

 

屋根付きのベンチがあったので、パソコン作業をしたり
見晴らしが良いベンチに腰掛けボーっと考え事をした。

 

雄大な自然を眺めながら仕事をすると、本当にはかどる。

 

たとえ仕事でミスやトラブルなど嫌な事があっても

パソコンの画面から顔を上げ、目の前に広がる景色を

眺めるだけで、気持ちを切り替えられる。

 

さらに、目をつむり深呼吸をして新鮮な空気を吸えば
リセットすることができる。

 

この日は途中で、数名人がやって来た。

 

・おしゃべりをしに来た、パート風のおばさん達
・考え事をしにやって来た、作業着を着た年配の男性
・ベンチに腰掛け、ランチを食べていたカップル

 

何を考えていたのか、何を話していたのかは分からないが
みんなの表情からは、とても穏やかな印象を受けた。

 

やはり、この場所の開放感の影響だろうか。

 

普段暮らしている東京ですれ違う人達との違いを感じ
自然に触れることの大切さを改めて実感した一日だった。

 

 

  


時差ボケに便乗して、真夜中3時のニューヨークを自転車で駆け抜ける

ニューヨークに夕方到着したのだが、ホテルに着いて落ち着いた瞬間

すごい睡魔に襲われ、すぐに寝てしまった。

 

ちなみに、日本とニューヨークの時差は冬は14時間あり、

ホテルに到着した時間を夕方6時とすると、日本は朝の8時で

ほぼ真逆だ。

 

そして目を覚まし、時計を見ると、すでに夜の11時を回っていた。

 

これでこの後、眠れないことは、ほぼ確定だろう。笑

 

とりあえず、シャワーを浴びて落ち着いて、パソコンを開いた。

 

せっかく、NYに居るのでニューヨークらしい曲、

『Jay-Z with Alicia Keys』が歌う『Empire State of Mind (2009)』

を流しながら、少しだけ仕事をした。

 

この曲は、最近ではないが、ニューヨーク・タイムアウト誌の

ニューヨークらしい曲トップ100で1位に選ばれ、Jay-Zが

郷土愛を表現した曲。

 

ちなみに、非公式ながらNYの州歌の様な存在らしい。

 

サビで、

 

「ニューヨーク、ニューヨーク...」

 

と歌っているので分かりやすいし、知っている人も多いと思う。

 

そんな、NYモード全開でパソコンを触っていたら、既に夜中の

3時を回っていた。

 

夜中の3時、きっと外に人はほとんどいだろう。

 

 

 

 

そして、夜行性の僕は行動を開始する!

 

近くのレンタサイクル・スタンドで自転車を借り

人気がない、真夜中のニューヨークへと繰り出す。

 

 

マンハッタン・ミッドタウンからクイーンズボロ橋を渡り

クイーンズ側に渡り、すぐ横にある、クイーンズブリッジ

パークから景色を眺める。

 

途中、雨が降り出したが、全く気にならないくらい爽快だ。

 

 

そして、その後はクイーンズ、ブルックリンを適当に

走り回り、マンハッタンへ戻ってきた。

 

どこを走ったのかよく分からないが、最終的に

有名なタイムズスクエアに辿り着いた。

 

普段なら、新宿や渋谷の様に、人でごった返すこの場所も

人がほとんどいない。

 

 

駆け巡っている間、ずっと先程紹介した『Empire State of Mind』を

聴いていたのだが、サビの歌詞にこんなフレーズがある。

 

 

In New York
Concrete jungle where dreams are made of
There's nothing you can't do
Now you're in New York
These streets will make you feel brand new
Big lights will inspire you
Let's hear it for New York, New York, New York

 

ニューヨーク!

夢が溢れるコンクリートジャングル

できない事がない街

今あなたはニューヨークにいる!

街並みが、新しく生まれ変わった気持ちにさせ

輝くネオンが背中を押してくれる

それがニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク

 

 

この曲を聞きながら、街中を自転車で、がむしゃらに走っている

時間は、本当に楽しかった。

 

ただ単に、日本を脱出し海外にいることに開放感を

感じているからなのか、ここが世界一の都市ニューヨーク

だからなのか、もしくは両方かもしれないが、とにかく

ワクワク感が止まらなかった。

 

特に、橋を渡る上り坂を、息切れしそうなくらい必死に

自転車をこいでいると、ランニングハイの様に頭が真っ白になり

普段、抱えている不安や我慢などが、その瞬間消え去った。

 

さらに、この街が主役の音楽、橋の上から見えるマンハッタンの

摩天楼が、気分を盛り上げる。

 

正直今までは、ニューヨークという街は、東京と似ていて無機質な

感じがして、あまり好きでは無かった。

 

だが、今回強く感じたことは、嫌いとか好きとか、まだあまり

知らないくせに判断するのは勿体無いということ。

 

場所にかかわらず、人や物でも同じかもしれない。

 

もちろん、嫌いなことがあるのはしょうがないが

少しでもいい部分に目を向けられる余裕を持ちたいと

思わせてくれる出来事だった。


カテゴリ:海外「旅」の記録 

「アトピーが完治」した旅でも使える食生活

         ↓

         ↓

 

いきなり、写真をでかでかと載せてしまったが

これは僕の毎朝の日課だ。

 

なぜ、わざわざ『絞った野菜ジュース』を飲んでいるのか

ということを、説明していこうと思う。

 

 

 

 

アトピーが僕を『健康オタク』にさせた

僕は子供の頃から、アトピーがひどく、かきむしっては
肌がボロボロになり、ヒリヒリと腫れる肌にステロイドの
クリームを塗っては何とかしのいでた。
 
大人になるに連れて、多少は落ち着いてきたのだが
ステレスを感じる状況が続くと、無意識に首や肘
膝の関節をかきむしって肌がボロボロの状態が続いた。
 
他にも『乾燥肌』など、体質的に肌が弱いため
健康に関しては昔から結構気を使って来た。
 
今まで、試した方法は、
・生野菜、サラダをよく食べる
・水をたくさん飲む
・ベジタリアン、ビーガン
・糖質カット
・ビタミンB,Cなどのサプリ
・定期的な運動、など
 
色々、日々試して来た。
 
その為、太らない健康的な体型を保つことは出来たのだが
肌トラブルに関しては、ほとんど改善しなかった。
 
 
 
 

ストレスでアトピーが悪化 → 本気で治すことを決意

何とか、だましだまし過ごして来たのだが

仕事が忙しくなったり、トラブルが続いた為か

アトピーの症状が酷くなった。

 

一時は、顔にまで症状が出てきた時期もあった程だ。

 

流石に、このままでは不味いなと危機感を感じ

沢山の本を読んだり、色々なサイトを調べたり

セミナーに参加したり。

 

必死になって、治す方法を探した。

 

そんな中、偶然にも一つのキーワードを

色々な場所で、よく見聞きするようになった。

 

 

それは、

 

『腸内洗浄』

 

という言葉だ。

 

腸内洗浄と言っても、病院で行うものではなく

人間の生まれ持った、自然治癒力を生かして

腸内を綺麗にする方法になる。

 

現代人は食べ過ぎで24時間、胃や腸の中に

食べ物が入っている状態で、腸の掃除を

する時間が全く無いわけだ。

 

人間の腸は、空になった時に掃除を始めるという

自然治癒力を持っているらしい。

 

ちなみに、簡単なやり方は、徐々に食べる量を

減らし、腸が空の時間を増やせばいい。

 

これだけで効果があるようだ。

 

 

 

自分の体で「人体実験」

僕の今までの経験上、必死になって探していると

今回の様に、答えらしきモノが見つかる事が多い。

 

そのため、自分の直感を信じて

実験してみることに決めた。

 

一応、それ以前からの事柄を時系列で書いておく。

 

 

仕事のストレスで、アトピーが悪化

   ↓

グリーンスムージーがアトピーに

良いという情報を知り、試す

   ↓

2週間で乾燥肌が改善、アトピーは治らず

   ↓

1年くらい続けるが、あまり変化は無し

   ↓

ミキサーでは無く、野菜をジューサーで絞る

「酵素ジュース」が良いと知り

ニンジンりんごジュースを試す

   ↓

1ヶ月で肌質が明らかに強くなる

だが、完治はしない

   ↓

『腸内洗浄』を知り、試す

   ↓

   ↓(※ココから一気に改善)

   ↓

約3ヶ月後にはアトピーが完治

 

 

こんな具合だ。

 

この中でもニンジンジュースを飲み始めてから
肌質が一気に強くなった。
 
例えば、体中をかきむしっても、全くヒリヒリ
しなくなり、以前であれば、徐々に肌がボロボロに
なっていったのだが、一定まででそれ以上に
酷くはならなくなった。
 
しかし、さらに効果に驚かされたのは
『腸内洗浄』の凄さだった。
 
上でも書いた様に、徐々に食べる量を減らすのだが
端的に言えば『断食』ということになる。
 
『断食』と聞くと、正直思いつくイメージは
 
・不健康そう
・栄養失調になりそう
・肌がカサカサになりそう
 
などの悪いイメージが多いと思う。
 
実際に僕も、そういうイメージしか持っていなかった。
 
確かに、水しか飲まない『断食』であれば、間違いなく
僕も試さなかったと思うが、ご飯や、肉、魚、野菜などの
固形物以外であれば、胃や腸の負担にならないので
絞った野菜ジュースや水は問題無いようだ。
 
胃や腸に負担をかけず『腸内洗浄』が出来るうえ、栄養を
しっかり取れる人参ジュースは何と素晴らしいことか。
 
ちなみに、食べることが大好きな僕の場合は、最終的に
『一日一食』までで、何も食べない断食はやっていない。
 
また、朝はジュースだけだが、昼は食べたり食べなかったり
その日の気分次第で決めていたので、平均したら
『一日1.5食』くらいになる。
 
また、基本的に食事は取るので断食というよりは
粗食といった方がいいかもしれない。
 
もちろん、いきなり1食に切り替えるのではなく

一日2.5食→2食→1.5食といった感じで徐々に
減らしていくことで、比較的楽に実践出来ると思う。
 
 
 
 

ニンジンの凄いパワー&効能

一応、効能などを説明した方が説得力があると思うので
簡単に調べた情報を載せておく。
 
 
・βカロチン
ニンジンに含まれる『βカロチン』は、ガンをはじめ
様々な病気の予防に役立つという研究結果が出ている。
 
また、他にも「老化するのが遅い」ということも
分かっている。
 
老化が遅いという事は、イコール肌がキレイという
ことであり、肌質が強くなり、アトピー等が改善
ということもつながるはずだ。
 
 
・体内の毒素を外に出す作用がある
ニンジンジュースを飲み始めて、数日くらいに
下痢気味にみなったり、発疹が出たりした。
 
調べると、これは体の毒や老廃物を外に出す
『解読・排泄作用』という現象の様だ。
 
これも、ニンジン内に含まれる、βカロチンを
はじめとするファイトケミカルの働きによる
影響の様だ。
 
 
・善玉の腸内細菌が増える
善玉菌の中に乳酸菌、ビフィズス菌というものが
あるが、この2つはCMなどで聞いたことがあるかも
しれない。
 
それらの善玉菌を増殖させる成分が人参ジュースには
沢山含まれているようだ。
 
 
 

アトピーから学んだこと

僕が約30年近く患っていた『アトピー』という病気。
 
完治した今だから言える事かもしれないが、アトピーに
なっていなかったら、今頃、人参ジュースや断食などの
健康的な考えや、そういう生活を送っていなかったと思う。
 
その点では、良い気付きを与えてくれたと
感謝をすべきかもしれない。
 
また、健康について調べれば調べるほど、現代社会で
推奨されている、日頃当たり前に行っている習慣に対して
多くの疑問点が上がってきた。
 
その中でも一番は、なぜ1日3食が健康と
言われているんだろうか?
 
ということ。
 
戦時中など、質素な食事ならまだしも、現代の欧米化した
高カロリー食の場合、なおさら間違っているのではないか
ということに、実際に自分の体で『人体実験』をしたことで
気付かされた。
 
健康は旅、仕事、遊びなど全ての土台だからこそ
これからも、今以上に気を使い追求していこうと思う。


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


カテゴリー
最新

ページの先頭へ