「サグラダ・ファミリア」の素晴らしさに、思わず涙が…


建物の中に入ったとたん、目に飛び込んで来た景色があまりに

素晴らしく、感動のあまり思わず涙を流してしまった。

 

まさか、ここまでだとは予想していなかった。

 

 

 

 

 

 

一番の見所は「特徴的な外観」と思っていたのだが...

 

ここはスペインのバルセロナにあるサグラダ・ファミリア。

 

日本の学校の教科書にも乗っている有名な建物なので

誰でも一度は外観の写真を見たことがあると思う。

 

僕も何度か、サグラダ・ファミリアの外観の写真は

見たことがあったのだが、中がどうなっているのかは

実際にここへ行くまではよく知らなかった。

 

また、歴史的な建造物の中でも、かなり特徴的な外観

ということもあり、外から眺めたほうが魅力的なのかと

勘違いしていた。

 

そんな軽い気持ちで、教会の中に入ったので

 

足を踏み入れたとたんに、

 

「何だこの世界観は?凄い!」

 

と、予想外すぎて思わず涙が溢れ出したわけだ。

 

正直、写真で見ても良さが伝わるかどうか分からないが。

 

こんな建物は今まで、見たことが無かった。

 

 

 

 

 

 

らせん階段を登った先にも素晴らしい景色が

さらに、サグラダ・ファミリアには左右に、

 

・受難のファザード

・生誕のファサード

 

という塔があり、現在は有料のエレベーターで上まで登る事が出来る。

 

ちなみに、僕が行った時は階段で下まで降りることが出来たのだが、

このサグラダ・ファミリアは未完成(2026完成)というだけあって

常に工事をしており、細かい状況が変わりやすい様だ。

 

その為、塔に登れるかは事前にチェックしておいた方が良い。

 

塔の上はあまり広くはないが、展望台になっておりバルセロナらしい

オレンジの屋根がずっと続く、素敵な景色を眺めることが出来た。

 

 

 

 

 

 

建物内には作業場も

サグラダ・ファミリアの地下は博物館になっており、模型やガウディが書いた

設計図が展示してあった。

 

その他。作業場があり職人たちが作業している様子を見ることも出来た。

 

この職人たちが、建物外観の細部に施された細かい装飾を手がけている

のだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

100年以上も続く建築の壮大さを感じた

建物の中を見た後、外へ出て真下から見上げてみた。

 

細かいところまでデザインされておち、細部を見れば見るほど、

1882年から100年以上も続くサグラダ・ファミリア建築の

壮大さがひしひしと伝わってきた。

 

 

 

 

 

バルセロナはまた行きたい街に

スペインのバルセロナには、サグラダ・ファミリアの他に

 

・グエル公園

・グエル邸

・カサミラ

・コロニアグエル教会

 

など、ガウディの様々な建造物が見られる。

 

その影響からか、町並みも洗練されており

他のヨーロッパの街と雰囲気が異なる。

 

建物たちの形や色は、全く型にはまっておらず、遊び心を感じられ

街を歩いていてもとてもワクワクさせてくれる。

 

もし、

 

「ヨーロッパで一番何処が好きか?」

 

と聞かれたら、真っ先にこの街の名前を上げるだろう。

 

そんな大好きになった街、バルセロナで生活した1ヶ月は

あっという間で、とても素晴らしかった。



Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ