一枚の写真が気付かせてくれた「自分の成長」


 

数年前、僕がまだサラリーマンだった頃、

たまたま通った東京駅の通路で、

この写真を見て足を止めた。

 

カラフルだけど、岩のゴツゴツ感がある。

不思議な写真だった。

 

「どこかの洞窟だろうか?」

 

そんなことを考えながら、説明文を読んだ。

なんと、これは地下鉄の駅らしい。

 

場所は、IKEA、H&M、ボルボなどが有名な

北欧のスウェーデン・ストックホルムの

 

『T-セントラーレン地下鉄駅』

 

スウェーデンの首都のメイン駅だ。

規模は違えど日本で言うと

今、僕がいる東京駅みたいなものだ。

 

東京駅の丸の内側はすごく綺麗な町並みだが

僕にとって、所詮は現実世界。

 

同じ駅なのに、この非現実的な写真を見て

いつか、実際にこの目でみたいなと思った。

 

見に行くと言っても、デスクワークメインの

サラリーマンが2年に1回行けるか行けないかの

欧米旅行へは、

 

「もし行けたらラッキーだな。」

 

程度に、その時は考えていた。

 

なぜならNY、ロンドン、バルセロナ、

パリ、ローマなど欧米で行きたい候補は

山ほどある中で『おしゃれな地下鉄の駅』

という、理由だけでは弱かったからだ。

 

 

 

 

そして、それから年月が流れ

僕はサラリーマンを辞め、自分でビジネスを

している。

 

ある日、東京駅で用事があり、出かけたのだが

偶然にも、同じ場所を通り、あの写真と再開した。

 

そう。アートな青い地下鉄駅の写真だ。

 

ちなみに、この場所は定期的に写真展が

開催されていて、写真が入れ替わる。

 

あまり東京駅に行かない僕にとっては、

思わぬ写真との再開はすごく嬉しかった。

 

ぼーっと写真を眺めていたのだが、気がつくと

数年前のまだサラリーマンだった頃の事を

思い出していた。

 

「自由になったな。」

 

と言うことを、一番感じた。

 

時間的、金銭的に。

 

そんな一枚の写真から、昔を思い出し

『自分の成長』を感じることができた。

 

そして、その日の帰宅後に、ストックホルム行きの

チケットを予約したのだが、つくづく

『時間的自由』の有り難みを感じる一日だった。

 

 

 

→続きはこちら、本物を見てストックホルムは僕にとって特別な街になった

 



Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ