スタバにいたのは、アラブ人たち


UAE・アラブ首長国連邦のアブダビという街を旅したのだが、

実際に現地へ行ってみて、意外だった事がいくつかあった。

 

きっと『ドバイ』という名前は聞いたことがあると思うが

このドバイがあるのがUAEという国で、その国の首都が

アブダビになる。

 

ドバイとアブダビ、この2つの都市の違いを簡単に説明すると

政治はアブダビ経済的にはドバイというイメージの様だ。

 

そしてUAE自体はオイルマネーで潤っており、綺麗な高層ビルが

立ち並び、一般の人々の生活水準は日本と大差ないと感じた。

 

 

 

 

 

綺麗なビーチで、思いにふけるアラブ人女性

オイルマネーと高層ビル以外に、この国の特徴は

国の名前にも付いているが、アラブ人の国ということだろう。

 

アラブ人といえばイスラム教徒なのだが、この国の女性は

『チャドル』という顔だけ出した全身真っ黒い服を着ていた。

 

もう一つ実際に行ってみて驚いたのは、海がすごく綺麗なことだ。

 

ドバイのリゾート地などは、写真で見たことがあったが

アブダビの街中から近いビーチが、こんなにも綺麗だとは予想外だった。

 

さらに清掃員を何人も見かけ、掃除が徹底されているためゴミひとつ無い。

 

それらを含めると、正直今まで訪れたビーチの中で一番綺麗だなと思った。

 

そんな白い砂浜のビーチを散歩していると、真っ黒な服で身を覆った

アラブ人女性が、海の方を見て座っている姿を見かけた。

 

僕は中近東の国に初めて来た為、イスラム教の全身を黒で覆った

女性をほとんど見たことが無かった。

 

そんな見慣れないアラブ人女性にプラスして、予想外に美しいビーチ。

 

この何とも不思議な組み合わせの風景からは、普通の観光地巡りだけでは

味わえない、非現実を味わうことが出来た。

 

 

 

 

 

「スタバにいるアラブ人」は見慣れなかった

綺麗なビーチで見たアラブ人女性の姿に引き続き、

 

『スターバックス&アラブ人』

 

という組み合わせも、見慣れない光景だった。

 

アラブ人の中近東国家は、大雑把に考えてアメリカと敵対国の様な

イメージが強く、全くもってスタバがあるイメージが無かった。

 

もちろん、UAEは他の中東の国家とは違うのでスタバがあっても

おかしく無いのだが、スタバでくつろぐアラブ人達の姿は、僕には

見慣れない光景だった。

 

今回は色々、意外な事に驚かされた。

 

それらからは、まだまだ世界中には知らないことが沢山あるなと

感じさせられたアラブ首長国連邦の旅になった。

 

 



Who are you man?




森 翔吾


今は「旅行ブログ」や「輸入物販」の取引先に会うため毎月海外へ。

そして1年の「1/3」を海外で仕事をするという8年間のサラリーマン時代から考えたら『夢の世界』を実践中。

最近の行動はFBで

森翔吾は「旅」をする
運命だった!?


カテゴリー
最新

ページの先頭へ