今日の職場は…「アムステルダム・葉っぱとレッドブルで刺激的に」


 

ここはオランダ・アムステルダムのコーヒーショップなのだが

コーヒーショップとは言っても、カフェというイメージよりは

店内は薄暗いので、バーと言ったほうが近いかもしれないし

実際にお酒も飲むことができる。

 

さらに、ご存知かと思うがオランダのコーヒーショップでは

合法で大麻(マリファナ)を吸うことができる。

 

日本では禁止されている大麻だが

海外だと合法な国がいくつかある。

 

アメリカやヨーロッパ、アジア各国を旅してたことがある人なら

結構普通に出くわすことがあり、ダンスクラブへ行けば

誰かが吸っている感じだ。

 

実際に、僕もカナダのバンクーバーのクラブへ行った際

酔っぱらいの白人に大麻の実をもらったことがあった。

 

ちなみに、カナダでは所持していたも警察に募集される程度で

逮捕はされないらしい。

 

 

 

 

 

実際にアムステルダムのコーヒーショップで大麻を経験

僕は普段は、全くたばこを吸わないのだが

せっかくアムステルダムへ来たのだから、

これは経験して置かないとなということで、

自分で巻くタイプの葉っぱ、ペーパー、フィルターが

別のタイプを注文した。

 

さらに、せっかくなので同じヨーロッパの国

オーストラリアのレッドブルと一緒に楽しんでみた。

 

ヨーロッパに滞在する時は、カフェでエスプレッソを

飲みながら仕事をすると言うのが僕のスタイルなのだが

今回の大麻+レッドブルは考えただけで

すごく刺激的だと感じる。

 

ヨーロッパのカフェという非日常にプラスされて

刺激がさらに増し仕事がかなり早いスピードで

終わって行った。

 

気がするのだが、こなした仕事の質はどうかというと...

 

この辺りは、あなたの想像にお任せるることにしよう。笑

 


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


Facebookページへ


カテゴリー
最新

ページの先頭へ