今日の職場は…「標高2531m、雲の上からの絶景を眺めながら」


 

緑の中に白が映える白樺の林を抜け、鳥のさえずりに癒やされながら

一気に坂を上り、辿り着いたのは標高2531mにある山頂。

 

ここは蓼科山という長野県の諏訪湖の近くにある山で、漢字は違うが

その名の通り立科町にある。

 

そこそこ急な斜面があり、登りは急いでも1時間40分はかかるので
ハイキングほど気軽に登ることは出来ない。

 

だが、登山としては初心者向けの山なので、この日はここで
仕事をしてみるため、パソコンをザックの中に入れて登った。

 

正直、登山をする人達からは、

 

「せっかく山へ来たんだからパソコンなどせず、もっと自然を楽しめ!」

 

と怒られてしまいそうだ。

 

そんな声が出ることを覚悟しながら試してみたのだが、
ここでの仕事は、何ともすごく新鮮な感じだった。

 

標高2500mからの絶景は、他の山間部からの景色とは
ひと味もふた味も開放感が違う。

 

少し遠くには、槍ヶ岳、乗鞍など3000m級の山々が連なる
北アルプスを眺められる。

 

さらに1000m以上も下にある地上には、小さく見える湖や牧場
スキー場がいくつも点在する。

 

非現実的な場所で仕事をすると、仕事の進み具合も段違いに早まり
良いアイディアが溢れ出す。

 

そんな良いテンポで仕事をこなし、昼食は持ってきた牛丼を食べた。

 

海外によく滞在していると、わずか300円で食べられる
牛丼がご馳走になる。

 

とはいえ、ここでは何を食べても美味しいのだが。笑

 

こういう自然の中でよく仕事をしていると、
都会の雑多に紛れて、カフェなどで仕事をすることも
悪くないなと思えてくる。

 

逆に、都会の人混みが恋しく感じる。

 

この日は、ほとんど風が吹かない暖かい一日だったので
そんなことをぼんやりと考えながらのんびりした時間を
過ごすことが出来た。

 

ここへは定期的に来ることになるだろう。

 

 

八ヶ岳連峰の赤岳なども見える

 

白樺の林を抜けて岩場を登っていく

 

 

海外へよく行く身としては、牛丼はご馳走だ

 

奥に見えるのが蓼科山、ここのてっぺんで一日を過ごした


この記事に関連する記事一覧


Who are you man?



自己紹介 森翔吾
森 翔吾


NY、ロンドン、デリー、マニラ、北京などの街はもちろん、標高2500mの山頂やバリ島、セブ島、マイアミなどの海辺。

インターネットのお陰で海外でも日本でも、どこでも仕事が出来る便利な時代。

正直、じっと同じデスクで仕事をするよりも、数百倍のパワー&良いアイディアが出ると思う。

今は輸入物販を中心に、1年の1/3を海外で仕事をするという、サラリーマン時代から考えたら、『夢の世界』を実践中。


カテゴリー
最新

ページの先頭へ